TOP講演会>2008/8/18


<日韓国際学術セミナー>
同志社大学―(韓国)ソウル市立大学校 2008年共同夏季セミナー

「21世紀観点から見た日韓経済関係の再照明―朝鮮通信使の足跡を訪ねて」

2008年8月18日(月) 10:30~13:00
同志社大学 寒梅館6階大会議室

共催:同志社大学現代アジア研究センター、同志社大学ビジネス研究科、同志社大学社会学会
ソウル市立大学校経商大学



歓迎辞:宇治郷毅氏(同志社大学社会学部教授)
答辞:郭泰運氏(ソウル市立大学校経商大学学長)

司会:姜哲圭氏(ソウル市立大学校教授)


<発表者>

(ソウル市立大学校)
安斗淳氏(経済学部教授)"Korean Economy: 10 years before and after the Currency Crisis"
尹暢賢氏(経営学部教授)「韓国と日本の資本市場の発展戦略」
李誠鎬氏(経営学部教授)"Lifestyle of 14-29 Korean Cellular Phone Consumers"

(同志社大学)
石田光男氏(社会学部長・社会学部教授)「日本の人事賃金主義改革
林廣茂氏(ビジネス研究科教授)"Global Competition between Japanese and Korean Automobile Companies"
阿部茂行氏(現代アジア研究センター長・政策学部教授)"Japan's Strategy for Economic Integration in East Asia"


                     



プログラム詳細(pdf)

参考資料:新聞記事抜粋(林廣茂氏)

▲ページトップに戻る